企業情報

Industrial Information

沿革

神奈川県内の有力企業が発起人となり「よりよい地域社会造りに貢献する」ことを趣旨として設立された。

発起人 神奈川中央交通株式会社
京浜急行電鉄株式会社
日本木槽木管株式会社
三菱鉛筆株式会社
株式会社横浜銀行
株式会社横浜シネマ現像所(現 株式会社ヨコシネディーアイエー)
株式会社横浜ファコムセンター(現 株式会社富士通ワイエフシー)
昭和50年3月 県下有力企業の出資により 横浜振興株式会社を設立
  • ※本社を横浜市西区北幸に置き、不動産の売買・仲介、<がん>保険代理店、物品販売からスタートし、遊休土地を利用した駐車場管理、リース業務の取扱も行うなど、時代の趨勢に合わせた業務を展開
昭和53年3月 横浜エステート株式会社が竣工したビル(現社屋の横浜市中区南仲通)へ本社を移転
昭和54年6月 横浜エステート株式会社(旧 横浜商品倉庫(明治38年創業))を吸収合併
昭和56年6月 株式会社横浜ファコムセンターと共同で『宮前ビル』を竣工し、本社を同所(横浜市神奈川区青木町)に移転
昭和62年10月 横浜銀行の遊休不動産の管理を受託し、賃貸駐車場の業務を本格的にスタート
平成2年10月 広告代理店業務を開始
平成5年8月 業務の拡大に伴い、本社を横浜市中区南仲通(横浜エステートビル:現社屋)に再移転
平成5年9月 横浜銀行本店内に「はまなす」売店を開店
平成17年4月 横浜シーガル株式会社 (横浜銀行本店、東京支店のそば「戸隠」)を吸収合併
平成24年10月~
平成25年2月
本社ビルの大規模リニューアルと『耐震改修』を実施。
※横浜市より耐震改修済み建造物として認証、「耐震改修済証」の交付を受ける。
ページの先頭へ戻る